大阪・名古屋・東京で一戸建て・マンション・アパートなどの不動産投資のための不動産業者を比較!不動産投資を成功させるためのテクニックを公開!

ワンルームマンションを購入して貸したり、アパートを建てて貸したり、空き家となった実家などを貸す不動産投資をするうえで気になるのが空き室リスクです。いかに賃料を設定して貸せる物件を持っていても、借りてくれる人がいなければ収入は入ってきません。一度、入居者が決まってもずっと住み続けたり、何回も契約を更新するとは限らず、退去してからしばらく入居者が見つからないリスクもあります。空き室リスクを防ぐには誰もが借りたくなるような魅力的な物件を人気のエリアに買い求める、学生街など学生さんが入学して卒業してもすぐに新入生が入ってくるエリアで学生向けのマンションを買うといった方法が1つ挙げられます。さらに確実に安定収入を得たい方には、賃料保証が得られる物件を購入したり、賃料保証をしている不動産管理会社に管理を任せることが挙げられます。実際に入居者に貸す賃料の一定割合を入居の有無にかかわらず保証してくれる代わりに、一定割合を不動産管理会社に手数料として支払うシステムです。

不動産投資では物件選びが大切です


日本は超低金利時代といわれていますが、それどころか、マイナス金利がつく時代です。マイナス金利は、まだ実現されていませんが、日銀はやる気満々です。超低金利時代の現在、毎月安定した収入を得ることができる不動産投資が、かつてないほど注目されています。投資には株式投資や FX投資がありますが 、ヘタをすれば財産をなくしてしまうこともあります。その点、より安全なのは、不動産投資ではないでしょうか。不動産投資ならばら長期的に安定したリターンを得ることができます。不動産投資もリスクはありますが、株式投資や FX投資と比べると、そのリスクは小さなものです。不動産投資の成功の秘訣は何でしょうか。それは、物件選びです。適切な物件を選ぶことができれば、毎月安定したリターンが得られますが、適切な物件を選ぶことができなければ、逆に損失を被ってしまう場合もあります。一にも二にも物件の選び方が大切だということになります。物件を購入する前に十分な事前調査を行うことが大切です。

PAGE TOP