大阪・名古屋・東京で一戸建て・マンション・アパートなどの不動産投資のための不動産業者を比較!不動産投資を成功させるためのテクニックを公開!

  1. 中古マンション
  2. 20 view

副業にマンション経営はモアベターな選択です

マンション経営は富裕層だけができるものという考えは、過去の話です。今では一般的な収入レベルであっても、マンション経営を始めている例は珍しくありません。何故これほど脚光を浴びているかといえば、その背景には経済的な問題が隠されているからです。テレビのニュース番組や新聞等では、働き方改革が脚光を浴び議論が繰り返されてはいるものの確かな回答は出ていません。その一方で会社員等は残業の制限等が取り出され、多くの人は収入減に繋がる問題に頭を悩ませています。副業としてアルバイトやパートをしている人もいるでしょうが、十分な資金を得られるかと言えばYesと自信を持って言える人は少ないでしょう。また仕事終わりにさらに、仕事をする訳ですから体力・精神面での疲弊も重要な問題です。マンション経営なら空き室管理等の業務はあっても、事実上の業務はほとんどせずに安定収入が望めます。
今後はさらにこの動きは、加速していくかも知れません。

不動産投資が生命保険代わりになる?


不動産投資が万一のときの生命保険代わりになることをご存知でしょうか。たとえばご家族がいる世帯主が不動産投資を始めたとしましょう。心配なのは途中で死亡してしまった場合です。しかし、金融機関から住宅ローンを組んでマンションや戸建てを購入し、不動産投資を始める場合、必ず団体信用生命保険に加入しなければなりません。これが実はもしものときの大きな保険となるのです。もし万一住宅ローンを組んだ名義人が亡くなった場合や、高度障害などが残ってしまうような病気や事故に合ってしまった場合、住宅ローンの残済は代理弁済されますので心配はないのです。しかも、マンションだけはそのまま残る形となるので、そのまま家賃収入を得たり、売却して利益を得ることもできるので、生命保険のような意味合いを持つようになるのです。このような理由から不動産投資を始めた方が万一途中で死亡してしまっても、残された家族が負担が残る心配はないということです。さらに、不動産投資を始めたと同時に、普通の生命保険を解約する人も少なくないようです。

子供よりもペットの数が増えた今の時代の投資向け不動産にしよう


少子化対策は有効な解決策を見つけられないまま、人口はどんどん減少傾向にあります。親元を離れて一人暮らしをしようとする若者も減っており、新築の賃貸物件以外はどこも空室がある状況だと言われていますので、大家にとっては頭の痛いことでしょう。そんな中で不動産投資を成功させるには、どのような条件であれば入居してくれるのかという入居者側の思惑を知ることが大事です。子供を持たないという選択肢のかわりに、ペットと暮らすことを選ぶ人が増えているというのは注目に値します。つまり、投資用の物件をペットと暮らすための仕様に整え、ペットと暮らすのに最適なマンションとして貸し出すのです。コンセントが高い位置に作られており、ペットが電気製品のコンセントで遊んだり、ケガをすることがないようになっていたり、犬と暮らす人のために入り口にリードフックが取り付けられていたり、ペットの足に優しい滑らないフローリングの床になっていたりといったことが、ペットと暮らしたい人にとって魅力的な物件になりますので、入居者が見つけやすくなるといえます。

中古マンションの最近記事

  1. 副業にマンション経営はモアベターな選択です

  2. 不動産投資の第一歩はマンション投資

おすすめ記事

PAGE TOP