大阪・名古屋・東京で一戸建て・マンション・アパートなどの不動産投資のための不動産業者を比較!不動産投資を成功させるためのテクニックを公開!

  1. 中古マンション
  2. 18 view

不動産投資の第一歩はマンション投資

不動産投資を行う際には、自己資金に合わせて進めていくだけでなく、投資の目的やこれまでの投資の経験に応じて自分に合った方法を選ぶことが大切です。不動産投資といっても様々な方法があります。たとえば、マンションを投資する方法や戸建てを投資する方法です。新築マンションを投資する場合、評価の高いマンションであれば安心して投資することができるでしょう。こちらは、マンション投資とも言われており、マンション経営も同じ意味を指します。マンション経営と聞くと全室を貸し出すというイメージを持つ方もいますが、一室であっても投資を行うことが可能です。立地などに考慮しながら進めていくことが大切になっており、立地条件が整っていれば安定的な資産形成を行うことも夢ではありません。マンションを購入して経営を進めていくという方も増えています。このような場合、ローンを利用していてもしっかりと家賃収入を得ることができれば、十分に資産を運用することが可能になります。

分譲マンション投資の最大の魅力とは


不動産投資の中でもっともポピュラーなのが、新築の分譲マンションを購入してそれを人に貸すという方法です。その時に気を付けないといけないことは、たいていの人が住宅ローンを組んで分譲マンションを購入することから、家賃収入よりも住宅ローンの支払いの方が安く抑えられないと、投資にならないという点です。新しいうちは入居者も比較的多く見つかりますし、空室で家賃が入ってこないという不動産投資の最大のデメリットを回避するのは容易です。この時期に稼働率を常に100%にしておくことが重要ですが、そのためにはここを借りたいと思わせる物件選びが大事です。どこに投資物件を探すかに始まり、どの程度の家賃設定が相場なのかを調べた上で、いくらまで引き上げても入居者が見つかるかといったことを考える必要があるのが不動産投資です。これらを切羽詰まった気持ちで行うのではなく楽しみながら行えたら、毎月得ることができる家賃収入がよりうれしいものになるでしょう。それが、不動産投資の最大の魅力かもしれません。

マンション1室から始めてみよう


一言で不動産投資といっても、投資対象となるのはアパートやマンションの一室から一棟まるごと、さらには戸建てに投資する場合もあります。さらに新築への投資もあれば、中古物件を安く購入しリフォームしてから貸し出す場合もあります。いずれの投資であっても、最終的に利益を得るための投資となるわけですから、投資対象をよく見極め、予算に合わせて確実に利益を出すことができる物件を選んでいくことが大切です。自己資金が少ない場合は、マンションの一室からスタートするのが良いでしょう。ローンを利用して購入したとしても、家賃収入でほとんど返済できてしまうため、負担が少なくてすみます。家賃がそのままローンの返済に回るので最初は利益を上げることができませんが、やがてローンを完済するとあとはすべてが利益となって返ってきます。投資物件の購入価格や諸経費に対して、月々の家賃がいくらであるかによって利回りは変わってきますが、都心であれば4%前後が相場となっています。

都市圏ではワンルームマンションが人気


都市圏内で駅から徒歩10分以内であれば、不動産投資でワンルームマンションを手に入れても成功しやすいでしょう。都市圏に住みたいと考える人は多く、単身者であればワンルームで十分な広さと感じる人も多いからです。都内をはじめ政令都市ニ指定されている地域であれば、駅から10分以内のワンルームマンションは人気が高く、不動産投資しやすいでしょう。不動産物件を手に入れる場合、損益予定表や資金繰り予定表を作り、貸した物件で得られる収益と、金融機関に融資をしてもらった場合には融資を返済できるまでの日数を、融資を受けずに手に入れた場合には、次の不動産物件を手に入れられるまでの収益を書きましょう。コストや消耗費、毎月かかる経費をも計算に入れることを忘れないでください。管理手数料や修繕費、光熱費といった経費だけでなく、税金についても必ず記述をしましょう。ワンルームマンションで政令都市の駅から徒歩10分以内の物件で収益を得られたら、別の物件を手に入れるか、現在保有している物件で空いている部屋をさらに買うか検討してください。

中古マンションの最近記事

  1. 副業にマンション経営はモアベターな選択です

  2. 不動産投資の第一歩はマンション投資

おすすめ記事

PAGE TOP