大阪・名古屋・東京で一戸建て・マンション・アパートなどの不動産投資のための不動産業者を比較!不動産投資を成功させるためのテクニックを公開!

  1. 不動産投資
  2. 9 view

不動産投資で有利になるサラリーマン

サラリーマンは収入が安定しているため、銀行からお金を借りやすい傾向があります。そのため不動産投資を始めやすく、安定的に利益を得やすいメリットがあります。物件を一括購入できる人はごく一部であり、ほとんどの方はローンで購入しているのです。つまりローンを組みやすい人ほど、不動産投資のハードルが低くなると考えてよいでしょう。若くして1000万円の貯金を持っている人は非常に少ないですが、ローンなら借りることができます。銀行側としても完済できる能力のある人には積極的に融資したいと考えています。お金を借りるための最低条件は20歳以上で収入が安定していることです。後者は大人になれば自動的に条件をクリアできますが、後者は稼がないといけません。一般的に安定収入とは正社員・非正規社員として会社で働くことで得る収入になります。作家やスポーツ選手などは収入が不安定のためローン審査で不利になります。お金を借りやすいサラリーマンは、不動産投資をするのに非常に適しているわけです。

不動産投資のメリットを知っておきたい


不動産投資はアパートやマンションなどの建物を購入して、賃貸物件に入居を希望している人から家賃収入を得る方法です。現代は預金利息も低金利の時代ですし、長い人生には病気や怪我などで一時的に収入が減少したり、リストラなどで職を失うリスクもあります。不動産投資のメリットは万が一働けなくなっても、毎月預金口座に家賃が振り込まれるので生活を安定させる効果があります。アパートやマンション経営に関心の高い人が増えていますが、少ない資金からも始めることが可能です。地元で評判の高い不動産業者を選ぶと主要な駅から利便性が高かったり、最新の住宅設備が整っている物件を見つけやすいです。40代、50代ぐらいの年齢になると、年金だけの生活には不安を持たれている人がほとんどですが、家賃収入を得ることで収入を増やしたり、固定資産税などの税金を節税する効果もあります。入居者が減少するなどの不安を持たれている人は、一括借り上げのサブリースなどを活用するのもお勧めです。

不動産投資リスクは日頃のメンテナンスで防ぐことが可能


不動産投資は不労所得の魅力や、老後の生活基盤を守る上で有効とされていますが、投資なのでリスクもあります。リスクを少なくするためには色々な対策が必要です。空室になれば、その分収入が減ることになるので空室は避けたいものです。入居者が住みたいと希望する物件にする必要があります。その一つの方法が日頃のメンテナンスです。所有している建物は、いくら建築時に建築資材にこだわり耐久性に優れたものであっても、経年劣化は避けられません。入居者は建築年数が新しい物件を好みます。しかし、管理されている物件は入居者にとって安心できる物件なので、空室になる可能性が低くなります。その為には、日頃のメンテナンスが必要です。人間と同じで早期発見が重要です。
手遅れになる前に修繕することで、投資価値が上がります。日頃の管理が良ければ、まだローンが残っているのに建て替えの必要が出る心配も低くなりますし、ローン完済後も賃貸し続けることができます。管理費がかかればその分収益が下がりますが、長い目で見れば日頃の管理費はかけたほうが有益です。

不動産投資の最近記事

  1. サラリーマンが不動産投資に失敗しない為にはパートナー選びが重要

  2. 不動産投資で有利になるサラリーマン

  3. 自己資金が無い時でも不動産投資は可能

  4. 不動産投資にはメリットがたくさんあります

  5. 女性をターゲットに投資物件を買おう

おすすめ記事

PAGE TOP