大阪・名古屋・東京で一戸建て・マンション・アパートなどの不動産投資のための不動産業者を比較!不動産投資を成功させるためのテクニックを公開!

  1. 不動産投資
  2. 6 view

サラリーマンに不動産投資が人気の訳は

最近、羽振りが良いなと思う会社の同僚がいれば、不動産投資をしているのかもしれません。給料以外に収入があれば、生活に差が出で来るのは当然です。しかし、中には不動産投資に興味があっても、不安に感じ不動産投資をできないでいる人もいます。サラリーマンが不動産投資をするとどのようなメリットを受けられるのかを知ると、考えが変わるかもしれません。まず、サラリーマンや公務員は安定した収入があるので信用があり、ローンを組む時に有利なのです。不動産投資は金額が大きいので、株やFXが良いと考える人もいますが、刻々と動向が変化するので情報収集など目が離せません。このような状態だと本業が疎かになるだけでなく、仕事で大きな損失を出す事態になる心配もあります。しかし、不動産投資であれば、多くの場合管理会社に物件や入居者の管理を委託しているので、本業が疎かになることはありません。
また、不動産投資で必要な経費は計上され、節税することができます。もし、赤字となれば給与所得から赤字分を差し引くことができ、所得税の還付を受けられます。このようなメリットがあるので、サラリーマンに人気があるのです。

老後に備えて不動産投資を検討してみましょう


一戸建てやマンション、アパートなどを買って家賃収入を得たり、また不動産の価値が高くなることを見込んで購入し、不動産の価格が高くなった際に売って利益を得るのが不動産投資です。身近にある投資として株などがありますが、株とは違って不動産投資は高額な資金を用意するイメージがありますし、また不動産投資をしている方が周りにいないかもしれません。一戸建てを購入するのも大変なので不動産投資はできないとつい考えてしまいますが、決して不動産投資は難しくありません。将来の年金について考えれば不動産投資をした方が良いですし、年金以外の収入を得ることによって老後も生活しやすくなります。株などと比較すると不動産投資は安定した収入を長く得られやすいですし、また不労所得も魅力的です。不動産を買う際はローンを利用しますが、安定した収入がある会社員や公務員であればローンを利用できるので、信用がある社会人の時に不動産投資を考えてみて下さい。


民主党政権時代は、長い間、円高が続きました。経済は停滞し、株式市場は日経平均で8000円くらいでした。国民は、給料が全く上がらないので苛立ちを覚えていました。ですが、当時は、輸入物価が円高のために安くなっていたので、今よりも楽に生活ができたくらいのものです。今は銀行や郵便局でお金を増やせない時代ですから、自分たちでできることは、自分たちでやるべきではないでしょうか。不動産投資というのがあります。アパート経営やマンション経営がその代表格ですが、多額の建設資金をかけなくても、できる不動産投資もあります。どんなものがあるのでしょうか。たとえば駐車場経営があります。駐車場を経営なら、敷地をアスファルト舗装してラインを引けば、それで営業ができます。最小の建設資金で最大の利益を得るのが駐車場経営の魅力です。その他では、家庭菜園経営という手段もあります。家庭菜園になれば、駐車場経営よりも、もっと安い建設資金で、すぐに営業ができます。こんな時代ですから、頭を使って、不動産投資に乗り出すのも良いことでしょう。

不動産投資の最近記事

  1. サラリーマンが不動産投資に失敗しない為にはパートナー選びが重要

  2. 不動産投資で有利になるサラリーマン

  3. 自己資金が無い時でも不動産投資は可能

  4. 不動産投資にはメリットがたくさんあります

  5. 女性をターゲットに投資物件を買おう

おすすめ記事

PAGE TOP